Pocket

こんにちは!!

今日は、激辛好きな方なら、必ず目にしたり、使ってみたりしている方は多いと思う「デスソース」について、今回、その4種類のデスソースを購入して、辛さの違いを試してみました!

 

そもそも、このデスソースとは、ブレアーズというメーカーが出している商品のことを一般的に指していますので、今回はそのブレアーズのデスソースについての比較検証を行っていきたいと思います。

 

さて、このデスソース4種のラインナップと、そのスコヴィル値は以下の通りとなっています。

  • オリジナルデスソース:スコヴィル値は約10,000
  • サルサデスソース:スコヴィル値は約15,000
  • アフターデスソース:スコヴィル値は約50,000
  • サドンデスソース:スコヴィル値は約100,000
ブレアーズ デスソース4種類(使用中で画像が汚くてすいません (;^_^A  )

 

ちなみに、この使用材料表示は次のようになっています。

 

比較してみてみると、オリジナルデスソースと、サルサデスソースでは、使用している材料に違いはなく、その分量の違いで辛さの違いを出しているようです。Wikiによると、「オリジナルデスソースの約2倍ハバネロを使い、約1.5倍辛く仕上げている。」となっています。また、この2種類のデスソースは、ハバネロ以外にカイエンペッパー、ライム果汁、コリアンダーなどを使用し、風味豊かに仕上げているようです。

一方、アフターデスソースとサドンデスソースになると、使用材料はハバネロ、ジョロキア、醸造酢と食塩、酸化防止剤のみで、辛さを純粋に求めた仕様になっており、アフターデスソースではハバネロの使用量がジョロキアより多いのに対し、サドンデスソースではジョロキアの使用割合が多く、より辛さを求めた仕様となっていることがわかります。

 

で、実際に試食してみたらどうだっかというと、、

デスソース4種類を試食してみた! ほかの辛味調味料もあるけどね^^

こんな感じで、いろんなおつまみに、4種類のデスソースやほかの辛味調味料を1つ1つ試しながら実食してみました!

 

個人的には、サルサデスソースがもっとも風味豊かで、辛さは比較的穏やかで、ふつうの(すこし辛いのが得意な)人も最も楽しめるソースであるように感じました。オリジナルデスソースもほぼ似たような辛さですが、じゃっかん辛さをストレートに感じたような気がしました。ただし、そうはいっても、辛さはそんなにきつくありません。

一方、アフターデスソース、サドンデスソースについては、前者の2つのデスソースと比べると一気にその辛さが増し、なかなか気軽におつまみにかけて食べるには辛さがきついように感じました。とくにサドンデスソースは、辛さが直接的というか、ガツンとくる感じで、おつまにかけて食べるというよりは、カレーやミートソースなどの辛さ増し目的で購入するのが良いように思いました。

 

さて、さらにサドンデスソースについて、もう少し実験してみようと思い、、レッドアイというカクテルに混ぜて飲んでみました。

レッドアイは、ビールとトマトジュースを1:1で混ぜたカクテルですが、ここにサドンデスソースを5,6滴たらしてみました。

 

レッドアイにサドンデスソースを入れてみた

 

このサドンデス入りレッドアイ、なんと、、めっちゃ辛かったです。

おつまみにかけて食べるときよりも、はるかに少ない量で、それ以上に辛く感じることができました。

 

こういう辛味調味料は、使い方によって感じるからさに違いがあるんだなーと認識し、面白いなと思いました。

 

この日から毎日のように、このデスソースをいろいろなおつまみにかけたりして楽しみましたが、ピザやチキンカツ、とんかつのようなフライに会うように感じました。

 

みなさんももしよかったら、4種類のデスソースからお好きなソースを見つけて、激辛ライフを楽しんでみてください!

では、今日はこの辺で^^



いつもご愛読ありがとうございます!

↓↓ 励みになるので、ポチっとご協力お願いします♪ ↓↓

2019年06月25日 (火)
---------------------




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA