Pocket

みなさん、「唐辛子を世界一食べる国」ってご存知ですか??

唐辛子を野菜として食べるんだそうです。

 

その国とは・・・、『ブータン王国』です!世界で一番幸せな国としても有名ですよね。

そんなブータン料理が以前から気になって気になって仕方がなかったのですが、やっと先日行くことができたので、今回は唐辛子たっぷりのブータン料理をご紹介します。

 

ガテモタブン

このガテモタブンは新宿から小田急線で4つめの代々木上原駅が最寄り駅となっています。

駅から南口を出て、坂をぐぐぐっと上ったところにお店はあります。

徒歩5分ってところでしょう。

 

ちなみにこのガテモタブンは孤独のグルメ Season 5の第8話でも紹介されていました。

 

到着しました。

原色の装飾がかわいらしいガテモタブンの外観

 

なんかかわいらしい外観でなごみますね。

 

 

中に入ると・・・

店内はとてもこじんまりとしていますが、ブータンの雰囲気がたっぷりの装飾です。

この日は6人掛けの席が1つと、2人掛けの席が3つとなってました。最大12人で貸し切りとかできるのかな。

 

メニューを確認

気になるメニューを早速確認してみます。

これに加えて、壁の黒板にもおすすめメニューがありました。こちらには季節ごとの限定メニューとかもあるみたいです。

限定メニューなど

 

さて、何を頼むか正直なところかなり悩みました。

来る前にブータン料理の下調べをしてきたんですが、一番有名な料理はエマダツィという料理なんだそうで。

そのエマダツィは外せないと思ってきましたが、普通のやつと限定メニューのがあって。

 

少し悩んで普通の「エマダツィ」にしました。

あと、「モモ(ブータンの餃子)」も気になっていたので、それと。

 

もう1品何にするか・・・と、悩んで、ブータンの代表的な料理だという「干し肉のパクシャパ(豚バラの干し肉、大根、唐辛子の煮炒め)」にしました。

 

ちなみに、ビールはブータンのはないらしく、ビール欄の1つめが「エーデルピルス」というビールだったので、料理に合うのかなと思い、それにしてみました。さきほど調べたら、サッポロビールの高級路線のビールなんだそうです。

 

いざ、ブータン料理とご対面

10分ほどビールを飲みながら待って、提供されたのがこちら。

美味しそう!これがブータン料理

 

では、いただきます!

まずは、「モモ(ブータン風餃子)」からいただきます。

モモ(ブータン風餃子)

見た目の通り、ほぼ餃子なのですが、ブータンではモモと呼ぶらしいです。

これに赤唐辛子からつくった味噌?をつけて食べるようです。

 

なんだか新潟名産の「かんずり」のような見た目ですが、かんずりの味を忘れてたので比較はできませんが、、(笑)、ピリッとした辛さに塩がきいていました。

 

これをすこし「モモ」に乗せて食べると、、まずまずなお味です。

蒸し餃子だからかもしれませんが、日本の餃子よりも皮が厚く、ぼくは日本の餃子のほうが好きかなと思いました。

ただ、一口かじると肉汁がふわーっと口の中に広がるのは良かったです。

 

次に、一番気になってた、エマダツィをいただきます。

赤と青の唐辛子が強烈!!エマダツィ

見た目はシチューのようですね。

ただ、この赤と青の野菜っぽいやつ、これ全部唐辛子です!

 

まずは一番上の青唐辛子から食べてみました。

すると、懐かしい唐辛子自体の風味がふわ~っと口の中に広がりました。

で、あとから、濃厚なチーズでできたシチューのようなスープが口の中に広がります。

 

思いのほか、そのシチューっぽいのがしょっぱいのですが、ブータン人はこれでごはんを何倍も食べるそうで。

 

でもそれも納得するほど、チーズの濃厚さと、唐辛子の風味とピリ辛感がうまくマッチしてめちゃウマでした!

唐辛子をめちゃめちゃ食べてはいるんですけど、チーズに包まれて多少穏やかになっている感じです。

そこそこ辛めですけど、ザカラレベルにすると、3か4くらいだと思います。

 

3つめに頂いたのは、「干し肉のパクシャパ」です。

干し肉のパクシャパ

 

唐辛子と大根、あと、豚バラの干し肉を煮ながら炒めた料理ってことになっていました。

 

この赤いのが唐辛子ですね。

 

ここでもめっちゃ入っています。

唐辛子をいただくと、そんなに辛くはなく、ただのピーマンのような感じです。

 

つぎに大根は、塩ベースで煮込んだ大根を炒めている感じですかね。

で、最後に豚肉の干し肉ですが、、、これは、、けっこう好みが別れそうです。

 

干し肉だけあって、固くなったベーコンを食べている感じですが、ただ、噛むたびにじゅわっと油が広がります。

あと少し獣臭さもある感じで、そういうのが苦手な人はだめかもしれません。

ただ、このメニューは普通のお肉でも作れるそうなので、干し肉がダメそうな人は、そちらにしたほうが無難だと思います。

 

追加注文しました

お店の人に聞きながら、先ほどのメニューにしたのですが、もう少し余裕がある感じだったので、、

先ほど悩んだ季節のダツィの、「菜の花のダツィ」と、もう1品壁の黒板から、「カンチュン(豚足とトウガラシの煮込)」を注文!

 

やってきました。

 

追加したビールと、菜の花のダツィ、カンチュン

 

さて、この菜の花のダツィは、唐辛子は青唐辛子だけになり、その代わり青唐辛子とほろ苦い菜の花がチーズのスープで煮込まれている感じでした。先ほどよりも辛くはなく、かつ菜の花の風味が生きててめちゃめちゃ美味しかったです。

 

一方、豚足の唐辛子煮込みは、、、私はちょっと苦手でしたね。ただ、豚足が好きな人にはいいかもしれません。

そんなに辛くはなかったです。

 

食事を終えて

初めてのブータン料理、どんなのかなーと非常にワクワクしていましたが、イメージ通りだったような気がします。

エマダツィが一番おいしかったですね。チーズ濃厚なスープで唐辛子が煮込まれてて、唐辛子の風味を思う存分堪能できました。

 

ここはまたそのうち来て別のメニューも試してみたいと思います。

店外の黒板 お店の雰囲気が良く出てます^^

 

さて、つぎはどこに行こう

 

あ、このお店、まず間違いなく予約は必要なので、突撃しても空いていないことがほとんどだと思うので、気を付けてください!



いつもご愛読ありがとうございます!

↓↓ 励みになるので、ポチっとご協力お願いします♪ ↓↓

—–ザカラレベル一覧 (激辛ランキング)—-

ザカラレベルとは、『ザ・激辛日記!!』における独自の辛さの表現です。
池袋サフランの世界一辛いカレーの辛さを10として、その他の激辛料理を比較で表現しています
*前後の辛さと比較の上で、微修正を行うことがあります。

 

 

   ☆★今日の激辛料理★☆

---------------------
料理:エマダティ
辛さ:3
美味しさ:8
雰囲気・サービス:8
総合評価:8
感想:唐辛子の風味を楽しめる料理の数々・・・
挑戦日: 2019年04月02日 (火)
---------------------

あなたが思う、このお店の料理のザカラレベルを教えてください^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

食べたもの (必須)

ザカラレベル(1~20) (必須)

食べた日 (だいたいでOKです)(必須)

その他コメント(あれば)

チェックしてから、送信ボタン



関連ランキング:南アジア料理(その他) | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA