Pocket

今回は東京は、東急東横線の祐天寺にお邪魔しました。
あの有名な、『カーナ・ピーナ』の激辛カレーに挑戦するためです。

ただ、有名だったのは、「スーパーホット」という辛さのカレーを出していた頃で、今は「ホット」までしか出していないとのことなので、正直なところ、そこまで辛さには期待していませんでした。

さて、お店は祐天寺駅から5分ほど歩いたところにありました。

祐天寺 カーナ・ピーナ 外観

黄色いレトロな外観がいいですね。

町のカレー屋さんって感じで周囲に溶け込んでいる感じもステキです。

店内は、まるで大学生の頃に通ってた近所の洋食屋のような懐かしい感じでした。
カウンターに通され、メニューを開いて、、

しばらく悩んだあと、最初に目をつけたこのカレーにしました。

『ラムカレー ホット』

注文するときに、念の為、一番の辛目を強調したところ、一番辛いのはホットらしいのですが、もう少し辛めの『辛めのホット』にできますとのことだったので、『辛めのホット』でお願いしました。

注文を終えた後、メニューを撮影したり、ゆっくり店内を見たりしていたのですが、ここのお父さんとお母さんが、とても優しそうな方で印象的でした。

なんとなく、以前は出していたという、『スーパーホット』がある時から無くなってしまったのは、そんなに辛い料理に強くない人が勢いでスーパーホットに挑戦して、全然食べきれずに残してしまったり、もしかしたらトイレにこもってしまったりというのを見て、罪悪感を感じられたからなのかと想像してしまいました。

そんなことを考えつつ、けっこう待って、ようやくお待ちかねのカレーの登場です。

カーナ・ピーナ ラムカレー 辛めのホット

つい先日まで見た目が豪華なスープカレーを頂いていたからか、すごくあっさりとしたカレーに見えました。

ただ、色つやが結構辛そうに見えて、辛さに多少期待しつつ、最初の一口目をいただきました。

 

(一口目)

・・・・うん、そうてすね、思っていた通りそんなに辛くはないようです。

野菜は煮込まれて、というよりも、ミキサーで粉砕してから調理してるような、若干ざらざら感のあるカレーに感じました。

つい先日まで、ダシにこだわるスープカレーばかり頂いていたからか、結構味はあっさり目で、そこにスパイスが乗って、時々ラムが存在感を発揮しているような印象でした。

もともとラムは嫌いではないのですが、カレーの後味として多少臭みを感じたのが気になりました。

さて半分ほど食べても、やはりそんなには辛くありません。

前回の札幌ドミニカの激辛カレーで鍛えられたので、さらに辛さに強くなってるのかな?とも思いました。

ザ辛レベルでは6で、エチオピアカレーの70倍より若干低いくらいの辛さです。

そんなことを思いつつ、さらにパクパク、もぐもぐ食べて、完食しました!

ラムカレー 辛めのホット 完食

個人的には、辛さも味も今一つで私にはスープカレーの方があってるのかもしれないなと思いました。



いつもご愛読ありがとうございます!

↓↓ 励みになるので、ポチっとご協力お願いします♪ ↓↓

—–ザカラレベル一覧 (激辛ランキング)—-

ザカラレベルとは、『ザ・激辛日記!!』における独自の辛さの表現です。
池袋サフランの世界一辛いカレーの辛さを10として、その他の激辛料理を比較で表現しています
*前後の辛さと比較の上で、微修正を行うことがあります。

 

 

   ☆★今日の激辛料理★☆

---------------------
料理:ラムカレー 辛めのホット
辛さ:6
美味しさ:7
雰囲気・サービス:7
総合評価:7
感想:あっさり目のスパイシーなカレー
挑戦日: 2018年07月27日 (金)
---------------------

あなたが思う、このお店の料理のザカラレベルを教えてください^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

食べたもの (必須)

ザカラレベル(1~20) (必須)

食べた日 (だいたいでOKです)(必須)

その他コメント(あれば)

チェックしてから、送信ボタン



関連ランキング:インド料理 | 祐天寺駅学芸大学駅



食べログ評価
カーナ・ピーナインド料理 / 祐天寺駅学芸大学駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA