Pocket

以前から考えていた「激辛放浪記」を今回からスタートしようと思う。

特に壮大なことをしようとしているわけではない。

ただ、時間がかかってもいいので、全国1県1県の激辛店をめぐり、その様子をつづっていきたい。

 

激辛放浪記 福岡編

ちょっとしたやぼ用があり2,3日の予定で九州は福岡にやってきた。

金曜日のお昼の博多駅に降り立った私は、予定は夜だったので、とんでもない担々麺があるとの情報に基づき、そのお店に向かった。

 

博多の担々麺屋「陽華楼」

博多駅から歩くこと10分。ちょっと遠めからでも嫌でも目立つお店を発見!

 

のぼりやら看板がたくさんでもう何が何やら

 

店内に入ると

店内に入ってみると、お昼時ともありカウンターはほぼ満席。促されるまま、その一番端に陣取った。

席に座ってあたりを見回してみると、、

お店に入る前から気づいてはいたが、、。

これだけアピールされれば、だれだって気づくよな。

 

そう、、このお店には

  • 殺人担々麺
  • 死神担々麺

がある。

 

陽華楼のとんでもないメニュー

 

殺人担々麺+2

とはいえ、なぜか事前情報で「殺人担々麺」の情報しか持ち合わせていなかった私は、死神担々麺はまったく目に入らず、殺人担々麺をオーダー。

 

辛さ増しができるか店員さんに聞きながら、、

 

結果的に、

殺人担々麺+2個の辛味調味料」を注文。

 

ほどなくしてやってきたのがこちら。

 

なんともインスタ映えする担々麺

 

見た瞬間、

 

こんな和太鼓のおもちゃを思い出した。

 

そんなことはさておき、その殺人担々麺の辛味調味料3個をよくスープに溶かして、麺を確認すると

殺人担々麺の麺は中細麺

 

こんな中細麺のぷりぷり麺だった。

 

殺人担々麺の辛さは??

さて、辛味調味料も溶かして、食べる準備も整ったので、さっそく頂くことに。

スープはどろどろで飲めそうにもなかったので、麺から。

 

麺を箸でつかんでずずずっといただくと、、

担々麺特有のドロッとした触感に、麺の少しだけ柔らかい麺がマッチして、まずまずのお味。

 

さらに2口、3口と進めていくと、、

辛さは期待以上に、というかぜんぜん辛くない。

 

それよりも担々麺なのに、けっこうな酸味のあるスープがおもしろい、とそんな印象だった。

 

担々麺だというのに、ごまの風味はほとんど、いや全く感じなかった。

とはいえ、勝浦担々麺のような油と玉ねぎと唐辛子のラーメンというわけでもない。

担々麺のように濃厚なのに、ゴマ風味はなく、酸味のあるスープだった。

 

麺と絡んで口に入るもやしは生ではなく、かるく火が通っている感じ、でもシャキシャキ感も多少は残っている。

酸味と相まって、もやしのナムルのような感じ。

 

全体的にまずいというわけではなく、ちゃんと濃厚なスープであることは確かな、これはこれで美味しいラーメンだ。

 

 

そんなことを思いながら、目の前の掲示物を眺めつつ食べすすめていると、目の前の新聞の切り抜きに「死神担々麺」なるものを発見!

 

一瞬失敗したなと思ったが、おなかのすき具合と相談し、すぐさま死神担々麺を注文することにした。

殺人担々麺は完食

 

死神担々麺+1

注文するにあたり、死神担々麺も激辛調味料を追加できるか確認してみると、これまだだれも追加したことがないらしい。

とはいえ、可能ではあるらしい。

 

ちょっとなやんで1つだけなら大丈夫だろうと思い、死神担々麺+辛味調味料1で注文してみた。

見た目はさっきが良かったかな?

 

2つだとこんな感じか。3つがバランスよくて良かったな。

上に載ってる唐辛子は見掛け倒しだろうけど、死神の激辛調味料がどんな感じなのかが気になる。

 

こちらも辛味調味料をまずはスープに溶かしてみたら、さっきよりもさらにどろどろな感じに。

なんとなく思いついて、麺は持ち上げず、引っ張り出して上にのせてみたら、思った通りどろどろのスープの上にちゃんと乗っかった。

麺は先ほどと同じ中細麺。具も同じかな?

 

写真を撮ったところで、頂くことにしよう。

 

どろどろさ加減が半端ない。

まるで、中本の北極の5倍くらいのようだ。

 

辛さは、、さっきよりは少し辛くなったような?

とも思えるけど、そんなに辛くはない。

 

味自体はほとんど変わらないので、麺と大元のスープは同じで、おそらく変わったのは、唐辛子の投入量と、辛味調味料の配合か何かなんだろう。

 

こちらは食べ進めると、すこし辛さが増してきた。

たぶんザカラレベルで5.5くらいかなと。

 

さすがにラーメン2杯はきつくて、こちらもスープは飲まず、麺と具まででフィニッシュした。

死神担々麺は麺と具まで

 

ちなみに、勘のいいひとならすでに気づいているかもしれないが、死神担々麺は唐辛子の一部にキャロライナ・リーパーを使用しているとのこと。

でもこの辛さなので、そんなには入っていないと思う。

 

お店の人はぼくがあっさりと食べたのでやたらと驚いていたが、これだったら辛味調味料を5つ入れても大丈夫かと思う。

 

ちなみにお代は、殺人担々麺(800円+100円×2=1000円)、死神担々麺(1300円+500円=1800円)の合計2800円とランチにしては豪華な感じになった。

 

 

さて、残りの昼夜でどこの博多激辛店に行こうかな。



いつもご愛読ありがとうございます!

↓↓ 励みになるので、ポチっとご協力お願いします♪ ↓↓

—–ザカラレベル一覧 (激辛ランキング)—-

ザカラレベルとは、『ザ・激辛日記!!』における独自の辛さの表現です。
池袋サフランの世界一辛いカレーの辛さを10として、その他の激辛料理を比較で表現しています
*前後の辛さと比較の上で、微修正を行うことがあります。

 

 

   ☆★今日の激辛料理★☆

---------------------
料理:死神担々麺
辛さ:5.5
美味しさ:7
雰囲気・サービス:6
総合評価:7
感想:酸味のあるちょっと変わった担々麺
挑戦日: 2019年03月22日 (金)
---------------------

あなたが思う、このお店の料理のザカラレベルを教えてください^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

食べたもの (必須)

ザカラレベル(1~20) (必須)

食べた日 (だいたいでOKです)(必須)

その他コメント(あれば)

チェックしてから、送信ボタン



関連ランキング:担々麺 | 博多駅祇園駅



食べログ評価

陽華楼担々麺 / 博多駅祇園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA