Pocket

先日、渋谷での用事を済ませた後、最近あまり食べることができていない激辛を食べたくなり、いつものように激辛MAPで検索したところ、渋谷ではないものの、渋谷にほど近い池尻大橋に、激辛グルメ祭りで有名なあのお店を発見!!

 

そう、今回はこのお店をチョイスしました!

 

ソウルフードバンコク

場所は、池尻大橋駅から徒歩2分の好立地にありました。

牛〇の看板が目立ちますが、その2階に位置します
牛〇の看板が目立ちますが、その2階に位置します

 

今回お目当てのメニューはディナータイム(17時~)しかやっていないという情報を目にしたので、近くで時間をつぶしてから、お店に突撃することに。

 

ちなみにこのお店は、冒頭でも述べましたが、激辛グルメ祭りではなんと第一回から2019年度まですべての会に参加しているという、激辛界では知らない人はいないという有名店です。

 

そんなお店に17時になったので、突撃しました

途中の階段に飾られていたのがこちら
途中の階段に飾られていたのがこちら

店内に入ると

まだ17時前だというのに、その前から入店されていたお客さんで早くも宴会も始まっていた様子。

タイ料理にあう、アットホームな雰囲気のお店でした。

 

で、まず注文したのは。。

タイ料理と言えばまずはこれ

定番中の定番の「ビール」と「ソムタム」!

ピリ辛でだしの効いたサラダがビールにあう!に
ピリ辛でだしの効いたサラダがビールにあう!

 

このソムタム、現地で食べるソムタムそのまま!

めちゃ旨いしピリ辛で、青パパイヤの独特なシャキシャキとした歯ごたえに、ピーナッツがいいアクセントになっています。

まるで現地で食べるソムタムの味そのもの!!

 

今日は当たりだなーと思うと、今日の激辛挑戦がより楽しみになってきます。

 

そんなソムタムをつまみながら、メニューをにらみ、注文した激辛料理がこれ!

なんと完食で無料だとか!
なんと完食で無料だとか!

 

南タイ料理のゲーン・ルアンです。

タイ料理で、まず辛いとされているのが、タイ東北部のイサーン地域の料理。

先ほどの、ソムタムはこのイサーン料理となります。

 

で、それよりもはるかみ辛いと言われているのが、、南タイ料理で、

有名なところでは、グリーンカレーも南タイ料理です。

 

ゲーン・ルアンの登場

ソムタムとビールを味わいながら待っていると、

「辛いから気を付けてね~」とお姉さんに言われながら

ゲーン・ルアンが特徴的な土鍋に入って登場しました。

どんな味?辛さ?なんだろう??
どんな味?辛さ?なんだろう??

 

この写真だとわかりにくいんですが、この土鍋をセットした後に、ご丁寧に火をつけてくれました。

なので、こんな感じでいい感じに温めてくれています(これでさらに辛くなるー)

けっこう火力強い?
けっこう火力強い?

 

はい、では頂いていきます。

熱そうですが、取り皿を頂いたので、適当によそってみます。

熱々なのか湯気が。。
熱々なのか湯気が。。

 

よそいながら、ただようジョロキアの香りと、よそいながら見えるジョロキアの種??がごろごろと。。

うーむ。

 

ちょっとだけ不安を感じますが、ビビってもしょうがないので、頂いていきましょう。

 

まずは、スープから。

シルバーのレンゲにすくって、口に運ぶと、、

 

・・

・・・

・・・・苦い!!

 

なんじゃこりゃ、結構苦い。

 

こんな味なのかなと思いながら、でも辛さについてはそうでもないかなと。

 

では具も頂いていきましょう。

まずは、キノコ?マッシュルーム?

 

うーむ、あいかわらず苦い。

 

つぎはキャベツ、次に大根っぽいけど、これなんだろう??

と、食べ進めるも、みんな同じ味で、苦くて。。

 

で、4,5口食べたころから、、

 

あれ?

 

あれれ??

 

この感じ、、やばい、これ、胃に来るやつだ。

 

口より先に、後でお腹にダメージが来そうないやーな雰囲気。

 

 

ただ、まだ一皿も食べていないので、食べ進める。

 

 

終始苦かったけど、なんとか取り皿1杯目は食べきって、2杯目をよそう。

 

この辺から、口の中もかなーり辛くなってきた。

意識した時にはザカラレベル9くらい。

 

 

2杯目をよそいながら、まだまだ汁が多いなーと。

 

 

 

ここで、激辛挑戦で汁が多いと、口は耐えられても、後から胃に激痛が来ることがあり、要注意なのですが、まさにそんな雰囲気亞ぷんぷん

 

とはいえ、まだこれから2杯目。

 

弱気になりそうな心を奮い立たせて、食べ始めるも、、やっぱり苦い!

かなり辛いのもあるけど、

 

さらに具が食べなれない具材で、ちょっと苦手な感じ。

 

2杯目も半分くらいで、いったん皿とレンゲを置くことに。

 

 

ここで思案。

実はこの日、この後仕事が待っていた。

 

頑張れば舌は耐えきれそう。

でも、お腹は確実にやばいことになる。

 

攻めて牛乳があれば違うんだろうけど、その用意もしてきてない。

 

 

これは味覚の二の舞になる可能性が高いなーと。

 

そう思ったら、急激にやる気が失せてきて、、

ここでギブアップです
ここでギブアップです

 

こんなに残してしまってごめんなさい。。

でも胃に来そうな雰囲気と、辛さと、苦さと、具の食感に慣れていなかったりで

今回はギブアップしました。

 

最終的な辛さは、9から結構上がって13と判定しました。

けっこう口の中がめちゃめちゃ痛かったです。

 

まだまだ終わらない

早々にゲーン・ルアンを諦めたぼくは、もう1品行くことにしました。

それは、、メニューでゲーン・ルアンの次に辛そうなこれ!

 

 

ラープ(豚肉の激辛ハーブスパイス炒め)です!

唐辛子3本マークで、先ほどのゲーン・ルアンを除けばこのお店で一番辛い料理です!

どう見たって旨そうなやつだ
どう見たって旨そうなやつだ

 

で、お味はというと、、めっちゃうまーーい!

ビールにまず良く合う!

 

で、添えられたキャベツと一緒に食べても、ビールのつまみとして食べても、どちらもめちゃめちゃうまい!

 

辛さは、先ほどとぜんぜん柔らくて、、ザカラレベル6.5くらいでした。

 

 

しかし、ゲーン・ルアンを完食できなかったのは悔しいなぁ。。

 

またいつか挑戦したい。でもあの苦さは何だったのだろう。。

また、こよう!



いつもご愛読ありがとうございます!

↓↓ 励みになるので、ポチっとご協力お願いします♪ ↓↓

—–ザカラレベル一覧 (激辛ランキング)—-

ザカラレベルとは、『ザ・激辛日記!!』における独自の辛さの表現です。
池袋サフランの世界一辛いカレーの辛さを10として、その他の激辛料理を比較で表現しています
*前後の辛さと比較の上で、微修正を行うことがあります。

 

 

   ☆★今日の激辛料理★☆

---------------------
今回のお店:ソウルフードバンコク
料理:ゲーン・ルアン
辛さ:13
美味しさ:3
身体へのダメージ:1
雰囲気・サービス:7.5
総合評価:7
感想:ゲーン・ルアンは覚悟を決めて。その他はめちゃウマ!!
挑戦日: 2020年11月18日 (水)
---------------------

関連ランキング:タイ料理 | 池尻大橋駅駒場東大前駅



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA