Pocket

激辛放浪記の福岡編も2日目です。

1日目では、陽華楼桝元で、それぞれ坦々麺、辛麺という激辛挑戦を楽しみました。

 

2日目はお昼に人と会う用事を済ませてから、その夜に、激辛挑戦の舞台に、福岡市のもっともおしゃれな街、大名に位置するあのお店を選びました。

 

トマトラーメンと辛めん三味(333)

 

このお店は、1年前に「最凶」の辛さの辛めんに挑戦していました。

 

>>No.029 福岡天神でトマトラーメン 辛めん 辛さ最凶にチャレンジ!

 

多くの芸能人やら韓国人タレントが訪問しているようで、あいかわらずたくさんのサインや写真が飾ってありました。

 

辛さシステム

あらためてこの「トマトラーメンと辛めん三味(333)」の辛さのシステムについて振り返ってみます。

辛さが指定できるのは、「辛めん(720円)」で、その辛さは次のようなレベルになっています。

  • 〇辛(+¥0)
  • 小辛(+¥0)
  • 中辛(+¥50)
  • 大辛(+¥100)
  • 最凶(+¥200)
  • 裏最凶(+¥500)
  • 新世界(+¥500)

ただし、裏最凶に挑戦するには最凶を、新世界は裏最凶を食べなければ挑戦できません

 

私は前回の挑戦で、「最凶」を制覇しましたので、今回は順当に考えれば「裏最凶」となります。

ただ、お店の人と交渉して、できることなら「新世界」に挑戦したいと考えていました。
(福岡には早々来れないですからね)

ちなみに、辛めんの最凶については、ザカラレベルで「」と判定していました。

 

交渉の結果は!?

まずは券売機で食券を買いますが、よく見てみると、券売機には最凶までしかなかったので、とりあえずその「最凶」の食券を買いました。

 

さて、まだ混み始める前でしたので、お客さんは半分ほど。

席はどこでも良いということなので、奥のキッチンの前のテーブル席に陣取ります。

 

そして従業員の女性に、新世界でお願いします!と、最凶の券を渡しました。

しばらくすると、キッチンのほうで若干ざわつき始め、店長みたいな男性から、

どこまで食べたことありますか??

と尋ねられました。

そこで、

「最凶を前回食べましたが、ぜんぜん辛くはなかったので、新世界でお願いします!」

とキリっとして頼み込んだところ、

「普通は裏最凶を食べてからではないとだめなんですが、、でも辛くはなかったんですよね??」

という雰囲気になり、しばらく悩んでいただいた後で

「では今回は新世界を提供させていただきます。プラス300円になります」

と、認めていただけました。

やった!

 

これが新世界

注文してから、わずか3,4分ほどであっさり「辛めん 新世界」が運ばれてきました。

見た目はそんなに辛くはなさそう。。ちなみに丼の下のメニューっぽいのはテーブルに貼り付けてあったんです。

 

ちなみに麺はこんな感じ

細麺がスープが絡んで美味しそう^^

では、ここから頂いていきます。

まずはスープを。

・・

・・・辛くない。。いや、けっこう辛い??

 

トマトから取ったスープがやわらかい甘さもある旨みと酸味のバランスが絶妙で、あまり辛さを感じさせません。

でも辛さに底力があるらしく、めっちゃ辛いものを食べた時の眉間のあたりがほわーんとする感覚が。

 

続いて麺を頂いていきます。

細くて柔らかい麺にスープが絡んで美味しいです。

 

このあっさりとしているのにコクのある感じ、トマトの風味はそんなに強くないのに、酸味と旨みのバランスが絶妙な感じがめっちゃうまいです。

 

あっという間に麺を頂いていきます。

ただ、辛さはやはりけっこうなもので、最初は9くらいかなと感じていたのに、麺を食べ進めながら、いやもっと辛いなと思いつつ、麺を食べ終わる頃は13くらいと判断しました。

 

もう久しぶりに口の中は、、激痛です。

相当辛い!!

 

と、ここで牛乳を持ってきていなかったことを後悔。。

牛乳無しでこのスープを飲むと、おそらく近くのコンビニまでたどり着けるかどうかという気がしました。

 

というか、すでに麺と具だけで、お腹に違和感を感じ始めていたのもあって、、今回は麺と具まででストップすることにしました。

 

 

麺と具は完食だけど・・・

インスタ投稿で生ビールゲットするも・・・

食べ終わって、辛さに震えながら、見つけたのはこちらの案内

インスタ投稿して、生ビール飲みたい!

 

さっそく投稿して、生ビールをいただき、ほっと一息ついていると、実は失敗していたことに気づきました。

ビール飲むと、辛さ倍増!!

 

食べていたころよりも強い刺激にしばし、ひとりで悶絶していました。。。

 

トマトラーメンと辛めん三味(333)の魅力

今回、このトマトラーメンと辛めん三味(333)で気付いたのは、ラーメンの美味しさだけではありません。

注文後から、ちょくちょく店長さんと話していたのですが、とにかく優しいのです。

きちんとん話をしたうえで、大丈夫と判断して新世界に挑戦させてくれたり、ひとり激辛ラーメンに悶絶していたら、アイスを出してくれたりとか。これもこのお店の、いや、博多の町の魅力の一つかもしれません。

こういう接客を受けると、また、行きたいなと思わせてくれますね。

 

さて、激辛行脚 福岡編も残りあと少し。

次のお店をお楽しみに!



いつもご愛読ありがとうございます!

↓↓ 励みになるので、ポチっとご協力お願いします♪ ↓↓

—–ザカラレベル一覧 (激辛ランキング)—-

ザカラレベルとは、『ザ・激辛日記!!』における独自の辛さの表現です。
池袋サフランの世界一辛いカレーの辛さを10として、その他の激辛料理を比較で表現しています
*前後の辛さと比較の上で、微修正を行うことがあります。

 

 

   ☆★今日の激辛料理★☆

---------------------
料理:辛めん 新世界
辛さ:13
美味しさ:8
雰囲気・サービス:8
総合評価:8.5
挑戦日: 2019年03月23日 (土)
---------------------

あなたが思う、このお店の料理のザカラレベルを教えてください^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

食べたもの (必須)

ザカラレベル(1~20) (必須)

食べた日 (だいたいでOKです)(必須)

その他コメント(あれば)

チェックしてから、送信ボタン



関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅



食べログ評価

トマトラーメンと辛めん 三味 天神大名店ラーメン / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA